エターナルコインTOPへ

CONCEPT

仮想通貨には国境がありません。そして国境を越えた利便性こそが仮想通貨の最大の特徴だともいえます。エターナルコインは様々なウォレット機能や公認取引所を通じて世界中で利用できる仮想通貨を目指しています現時点ではエターナルコインが利用できる国は4か国となっておりますが、今後は利用できる国を今まで以上のスピードで展開していきたいと考えております。また、エターナルウォレットの利用者は毎月10%以上の増加となっていますが、今後、更に利用できる国が増える事によって増加率のスピードが今以上となり、利便性が向上した仮想通貨を目指します。

多通貨取引可能ウォレット

例えば日本円を仮想通貨を通じてペソに交換する場合に他の仮想通貨の取引のように複数の取引所にウォレットを開設する必要はありません。エターナルコインの取引所は、日本、香港、フィリピン、韓国に取引所があるので、一か国でウォレットを開設すれば、自身のウォレット内にて他の通貨への交換が可能となります。この特徴は仮想通貨の取引だけを行う時には利便性はありませんが、海外旅行に行った際の両替や、ショッピングそして、エターナルコインを利用した海外送金の時には便利です。そして今以上にエターナルコインの取引所が世界中に増えれば益々便利になるでしょう。

フィアット通貨
(円やドル)での支払い

仮想通貨での決済を行うという事は、仮想通貨でお支払いをする利用者もしくは仮想通貨で支払いを受け付ける店舗様のどちらも仮想通貨を保有しておく事による価格下落のリスクが発生する事になります。エターナルウォレットでは、価格下落のリスクを排除するためにその国の通貨での支払いが可能となっております。むろん、日本人が日本国内での利用の際にエターナルウォレットのJPYを利用する事はないでしょうが、海外旅行に行った際には、お手持ちのJPYを旅行先の通貨に両替してショッピングや現地通貨での引き出しが出来る事は、価格下落のリスクがないために利用者と店舗様のメリットとなると考えております。

ハブ通貨としての
エターナルコイン

エターナルウォレットを利用した海外送金や両替を行うためには、取引を行う際に一度エターナルコインを購入して、その後売却を行う必要があります。エターナルウォレットではこの一連の取引をウォレット内でワンアクションにて行う事が出来きます。ですので、海外送金を行う方や、海外旅行に行った時にエターナルウォレットを利用したい方はエターナルコインを保有する必要はありません。エターナルコインは海外送金や両替する時のハブ通貨なのですから。

エターナルコインを
保有するメリット

エターナルウォレットにはDOT機能という機能があります。DOT機能とは、トランザクションフィー(手数料)の分配を行う仕組みです。エターナルウォレットを利用して、エターナルコインの売買や送信を行う際には、わずかな手数料がかかりますが。この手数料をエターナルコインの保有者に対して、保有数に応じて毎週一度分配する機能です。この機能がある事により、ハブ通貨としてのエターナルコインを保有しておくことのメリットもあるために、エターナルコインがハブ通貨として使われ続ける限り、その価値が0となる事はありません。

電子マネーとの比較

一か国だけで利用するのであれば、エターナルウォレットよりも電子マネーの方が利便性があります。エターナルウォレットは自国での利用だけでなく、他の国でも利用できる事が特徴であり、優位性と考えております、世界中での利用可能店の普及や、両替所の普及が既存の電子マネーとの差別化になると考えております。

従来の海外送金との比較

銀行による海外送金ですと、送金手数料、着金手数料、中継銀行手数料、スプレッド手数料等が発生しますが、エターナルウォレットを利用した送金を行えば、お客様同士のP2P取引となりますので、送金コストはほぼ無料で行える事となります。

分割機能

エターナルコインは利用される仮想通貨を目指しているために、エターナルコインの価格が上がりすぎた場合には分割を行い、利用されやすい単位に調整いたします。※例えばエターナルコインを10分割するとエターナルコインの価格は10分の一になりますが、保有するエターナルコインの枚数も10倍となります。

公認取引所

エターナルコインを取り扱う公認取引所は一か国に対して一取引所となっております。理由としては、エターナルコインは世界に一つしかありませんが、一か国に取引所が2カ所以上となると、取引所ごとに発行するフィアット通貨(基軸通貨)が複数存在する事になりますので、利用可能店での受付可能フィアット通貨が複数になる事になります。そうなると、利用可能店がどこの取引所で発行したフィアット通貨を受け入れてよいのかという問題や、出金申請を複数の取引所に対して行わなければならないという負担も増す事になります。また、取引所の倒産リスク等も増加する事から、エターナルコインを取り扱う公認取引所は一か国に一か所となっております。

エターナルコイン概要

エターナルコイン発行元:
株式会社アトムソリューションズ
正式名称:
XEC(エターナルコイン)
総発行数:
2億XEC
送受信速度:
0.5秒~3秒(インターネットの環境により遅れる場合有)
送受信方法:
エターナルウォレットを介したP2P取引
エターナルコイン入手方法:
弊社公認取引所での市場取引による入手及び利用者の相対取引
エターナルコイン取引手数料:
1取引に対して日本円約5円相当のXEC
トランザクションフィー分配率:
全XEC取引手数料の50%をXEC保有率に応じて分配
トランザクションフィー分配日:
毎週水曜日12:00(日本時間)
最少取引数:
0.00001XEC
最少取引単位:
1円 ・ 1フィリピンペソ ・ 1香港ドル ・ 1米ドル ・ 1韓国ウォン
取引可能時間:
24時間365日
取引所:
日本:Eternal Live、フィリピン:Token Hub
香港:Eternal Hong Kong、韓国:Eternal Korea
取引可能通貨ペア:
XEC/JPY ・ XEC/PHP ・ XEC/HKD ・ XEC/USD ・ XEC/KRW