ニュース詳細

2017.01.13

情報処理システム特許出願について

「特許、共同申請中」
エターナルコインシステムの特許とは別に、新たな特許の出願申請を2017年1月10日に行いました。
この技術は広い意味で「情報処理システム」としていますが、主に、VR技術を使ったシステムです。
これから仮想通貨はもちろん、VRの時代も必ず来ます。
弊社はこれからも先見の明を持って活動していきます。

《名称》
情報処理システムについて

《特許申請者》
株式会社日本ブレインウェア
株式会社アトムソリューションズ

《当特許の目的》
株式会社日本ブレインウェア
現存する「動画配信コンテンツ」の多くは、数多くの端末で再生可能で、奥行きの無い平面の動画投稿を受け付けて配信するスタイルである。
しかし、奥行きの無い平面の動画の為、撮影者の臨場感を再現するという点に於いては再現性が低いとされる。
そこで、撮影者の視界はもちろん、「臨場感」を表現するという点に着眼し、それを当特許システムで改善することが目的である。(VR技術)

《大まかな概要》
上記目的を達成するため、撮影者が体験した内容を、視聴者に「疑似体験」してもらう。これは、配信された動画を3D出力し、 例えばスマートフォンと専用のメガネだけで視聴者は疑似体験することが可能となる。
もちろん、使用するデバイスはこれに限ることは無く、ヘッドマウントディスプレイ単体や、ホログラムやスクリーン投影であっても良い。
また、既存の動画配信コンテンツと同様、課金処理も実行することが可能である。これはもちろん、視聴者側へ課金の可否を応答させる仕組みであり、 課金を実行する場合は、配信者に報酬を支払う事が出来る。
そして、広告なども配信することが出来るので、課金及び広告収入等により、サイト運営者、インターネットサービスプロバイダ、撮影機材メーカー、 携帯端末メーカー等への利益還流などが起こり、市場が活性化されることが期待出来る。

アトムソリューションズ